臭ピタッ 中身

臭ピタッを噛み砕いたら、どうなる?

私の愛する加齢臭サプリ臭ピタッ。

 

 

ほのかに燻製の香りがする、不思議なサプリだ。

 

原材料から考えても、
燻製のニオイにはなりようがないのだが、燻製くさいのでしょうがない。

 

これを噛み砕いたらどうなる?
ってことをずーっと考えていたが、今回ついにやってしまったのでレポートしたい。

 

ちなみに、今回は、夏の暑さで、ミツロウコーティングが若干、ぶよぶよになってしまったやつを使ったので、新鮮なやつとは触感などが違うかも知れない。

 

口の中に入れて、舌で転がすと燻製の香りがただよう。今までは、すぐに水で飲んでしまっていたので新鮮だ。

 

これを思い切り噛み砕く。

 

加齢臭対策用のさわやかなニオイが…と思ったら、サプリの内部から、ドロッとした何かがぶちゅ、と出てきた。

 

う、うわあ、うわあああああ!
気持ち悪い!

 

味はなかった。触感はラードっぽかった。

 

味のないラードを食べているところを想像してもらえば、どんだけ気持ち悪いかがわかるだろう。

 

これはもしかしたら、思い込みかも知れないが、その後、胸焼けしたような気分になった。うええ。

 

というわけで、フツーの人はやらないと思うが、このことから得た教訓。

 

臭ピタッを噛み砕くと気持ち悪い触感が口を襲う。
気のせいかも知れないが、胸焼けする!

 

余計なことを考えないで、さっさと水で飲んでしまおう!

 

まあ、そんなこと言われなくても、わざわざ噛み砕かないよね…と思いつつ、今回の無駄な実験報告を終わる。

 

臭ピタッ!徹底レビュー